八戸東洋株式会社

製造工程

八戸東洋の安心・安全を支える製造環境や取り組みのご紹介。

FD(フリーズドライ)工場

八戸東洋でのフリーズドライ製造は、東洋水産グループの中でも一番の歴史と実績があり、グループ内でも約8割の製造をになっています。(2018年時点)

八戸東洋株式会社 本社工場

フリーズドライ製法は、食品を凍結したところで、凍った水分だけを真空状態で蒸発させる製法です。気圧が低くなると水の沸点が下がることを利用し、真空凍結乾燥釜の中でほぼ真空の状態を作りだし、凍った状態から水分だけを低温のまま沸騰(蒸発)させます。長期間保存でき、素材本来の風味を逃さず、湯戻しすることで、そのままの味、食感、香り栄養成分を保持できます。

フリーズドライ商品ができるまで

  • STEP 1スープ製造
    スープのベースを釜にいれ、加熱しながら、撹拌します。
    スープ製造
  • STEP 2トレー充填
    できたスープと具材をトレーに充填していきます。
    トレー充填
  • STEP 3凍結
    トレーに充填したものを凍結庫に入れ凍結します。
    凍結
  • STEP 4真空凍結乾燥
    凍結したものを真空乾燥庫の中に入れます。氷になっていたスープの水分が、溶けることなく水蒸気になって蒸発(昇華)、乾燥させます。
    真空凍結乾燥
  • STEP 5検品
    製品毎にロット毎の各種検査(官能検査、細菌検査、水分検査など)を行います。
    検品
  • STEP 6包装・梱包
    自動装置により、一食毎に異物検査(金属探知機、X線検査)、重量チェックを行いながら、製品を包装・梱包します。
    包装・梱包
  • STEP 7出荷
    出荷され、皆さまへお届けします。
    出荷

調理品工場(即席麺用具材ライン)

即席麺用具材ができるまで

  • STEP 1原料材料受け入れ
    生鮮野菜など
    原料材料受け入れ
  • STEP 2加工
    ニーダーで味付け等を行います。
    加工
  • STEP 3真空パック・検査
    包装フィルムに充填して、真空パックします。パック後には、目視検査や異物検査(金属探知機、X線検査など)を行います。
    真空パック・検査
  • STEP 4殺菌
    専用の釜で殺菌します。
    殺菌
  • STEP 5検査
    ロット毎に、各種検査(官能検査、細菌検査など)を行います。
    検査
  • STEP 6箱詰・出荷
    箱詰をして出荷されます。
    箱詰・出荷

みつばハウス

みつばハウス

当社では、2011年より「みつば」の水耕栽培を始めました。年間を通じて、多くの「みつば」を使用することから、自社でも「みつば」を栽培することにより、一定量を確保できるようになりました。

開始当初は、2棟のハウスで栽培しておりましたが、2018年に新たに2棟を追加し、現在では4棟で「みつば」の栽培をおこなっております。

冷蔵庫・水産営業

冷蔵庫・水産営業

冷蔵庫事業では、お客様からお預かりした食品・食材の鮮度を維持し、確実にお届けするために、通関と総合的なサービスを提供しています。

当社の冷蔵庫内の温度帯はF1級(−20℃以下〜−30℃未満)に設定されており、庫腹量は6,008tになります。お客様の商品を大切にお取り扱いし、迅速丁寧な入出庫作業を行っております。

また、地球温暖化やオゾン層破壊などへの影響が問題視されるフロンではなく、自然界に存在するアンモニアを冷媒に利用した省エネ型冷凍機を2017年に導入しました。

水産営業では、主に八戸前沖で漁獲されるイカ、サバ、イワシの生鮮・冷凍での買付と、各地への原料販売を行っております。また、東洋水産グループと連携した海外輸出等も行っております。

TEL 0178-20-5013(直通)
FAX 0178-29-3691(直通)